イタチの概要

なぜイタチ駆除するのかイタチは不吉な生き物か

イタチはネコ目イタチ科の小哺乳類です。在来種のニホンイタチ、外来種のチョウセンイタチの二種類が生息していますが、最近都市部等ではチョウセンイタチが増加しています。日本ではネズミを捕食するので一部では益獣とされる一方で、古来より妖怪視され様々な怪異を起こすとして忌み嫌われて来ました。イタチの鳴き声は不吉の前触れとされ、またイタチが目の前て道を横切るとやはり別れの不吉の予兆とされました。だからと言う訳ではないにせよ、イタチが家に住み着かれるのを嫌う人は現在でも多いのです。しかしイタチはそんな事に関係なく快適な人家の天井裏や床下に住み着き繁殖します。イタチの鳴き声や足音、排泄物の悪臭に悩まされている人も多く、何とか駆除したいものですが、イタチは非常に頭が良く、嗅覚も敏感でまた素早く動くので素人がイタチ駆除しようとしてもなかなか手には負えません。それより、仮にイタチを捕獲したとしても実はやっかいな問題があるのです。

イタチは自由に捕獲することは出来ません

イタチ駆除の際に注意すべき点は、イタチは害獣ではありますが、「鳥獣保護法」に定める狩猟動物でもあり、本来許可なく勝手に捕獲するのは違法です。特にメスのイタチは捕獲自体出来ない事になっています。また捕獲したイタチを勝手に殺処分する事も出来ません。もし捕獲したら、どこか遠くの山にでも放免しなければなりません。捕獲するには原則有害動物駆除の許可証か狩猟免許が必要で、イタチ駆除業者も必ず保有しています。一部地域では狩猟期間内であれば、免許が無くてもワナ等を設置して捕獲出来ますが、自治体などにいちいち確認しなければなりません。この様な面倒もありますから、イタチ駆除は業者に依頼した方が無難です。もし自分でやるなら捕獲ではなく忌避剤を撒いたり、イタチの嫌う強い光を天井裏などに照射する。出入り口を徹底的に塞ぐなどの対策になりますが、効果は限定的でなかなか完全駆除には至りません。より強力な忌避剤の開発が待たれます。最近イタチの天敵である狐の尿の忌避剤が発売されかなり効果はある様ですが非常に高価なのが欠点です。